オフィスレイアウトの各種事例情報をご紹介します。

オフィスレイアウトの事例も作ってくれます。


オフィスでの作業では、オフィス内のレイアウトが効率的になっているかで、作業効率にも影響を与えます。 出来れば人の導線がスムーズな、効率的なオフィスレイアウトにしたいものですね。

オフィスレイアウトは人数や本棚、ロッカー等の量により、 また一人用から大きな部屋のように使用する人数も様々で、部署部署に効率的に配置するのは、まるでパズルのようでもありますね。
また、オフィスレイアウトに費やす予算にも制限があり、頭の痛いところです。

昔は、担当者が方眼紙などで下書きを作って苦労していましたが、 今は、各メーカーさんや専門の業者さんが作ってくれるんですね。

平面図や立体図を作成して、イメージがわきやすいように、 作業効率的もアップするオフィス家具のレイアウトデザイン等も3Dで事例を作ってくれるんです。

スポンサードサイト


オフィスレイアウトで考慮すべき点

オフィスレイアウトと一口に言っても、一人用から大きな部屋のレイアウトのように、 使用する人数により、考慮すべきポイントが違ってきます。
また、オフィスレイアウトに費やす予算でも制限が出てきます。

■1人の場合
1人の場合は、室内に入った時にオフィス内が丸見えで良いのかがポイントです。
それなりのセパレーションが欲しいところですね。

■2人の場合
2人の場合は、その間のセパレーションをどうするかがポイント。
2人の向きや、本棚やプリンタ等の公共物のレイアウトも効率的にする必要があります。

■10人くらいまで
10人くらいまでなら、チームやグループ別にまとまって配置すべきかがポイントです。 10人ともなれば、机の配置一つで情報の密度が変わってきます。
10人以上では、オフィスも大所帯。会議室や接客スペース等の場所がポイントとなります。


オフィスレイアウトの事例で使う家具類

本棚や、接客コーナーの家具はもちろん、オフィスに関するほとんどの機材がレンタルでも出来ます。 レンタルするほうが、会社で所有するよりも安価な場合もあります。
レンタル屋さんを有効的に使ってみるのも良いでしょう!
また、各種事例を作ってくれる会社を有効利用することも大切。
レイアウトデザイン等も3Dで事例を作ってくれるところが、分かりやすくて良いですね。

スポンサードサイト

オフィスレイアウト ニュース

スポンサー

受験生や資格試験を受ける人のための頭がよくなるサプリが人気です。
アロマの資格を十分に生かせるのが、アロマテラピー検定試験の内容や受験対策などをお知らせします。


Copyright 2006-2011 オフィスレイアウトの事例 All rights reserved.